刀剣、鎧、兜、小道具のことなら東京港区の青山不動に

【刀剣、鎧、兜、小道具】青山不動

2021/02/17

『刀剣乱舞はじめてみた~陸奥守吉行編』

陸奥守吉行

 
こんにちは。
青山不動スタッフでございます。
 
本日は日本刀の種類シリーズをお休みして、『刀剣乱舞はじめてみた~陸奥守吉行編』と題しまして、語っていきたいと思います。
 

ゲーム初心者が刀剣乱舞(とうらぶ)を始めてみました

 
刀屋さんで働くからには刀剣乱舞をせねば、という謎の使命感から、刀剣乱舞をやってみたいと思っていたのですが、私はゲームを全くやってこなかったので、やり方が分からない。

そこで、青山不動のスタッフ仲間が刀剣乱舞をすでにやっているということで、教えてもらいながら、予備知識なく刀剣乱舞を始めてみたいと思います。
 
まず、アプリを開いてみて、びっくり!
刀剣乱舞の引き込まれるような世界観と美しいPV的な動画に圧倒されました。
それが終わりいざ、ゲームスタート。
 
最初のパートナーは陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)
まずは、審神者(さにわ)の名前を決めるようです。(審神者って響きがかっこいい)
名前を決めたのち、最初の刀剣男士の選択。
私は陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)に決定!
けっこう迷ったのですが、完全に見た目がタイプだったからです。(笑)
 
今日は陸奥守吉行について、少し詳しく見ていきましょう。
 

陸奥守吉行について解説

 
陸奥守吉行は坂本龍馬の愛刀として有名であります。
あの近江屋事件の際にも所持していたということで、坂本龍馬の近くで最後まで共に闘った刀です。
 
陸奥守吉行とは刀工の名前であります。
吉行は大坂の住吉に居住し、父、兄とともに、大和守吉道に師事。その後、土佐藩の鍛冶奉行となりました。その後、奉行を終えた吉行は大坂で没したそうです。
 

こんのすけ、前田藤四郎との出会い

 
さて、ゲームに戻ります。
こんのすけの案内で早速出陣のようです。(刀剣乱舞をされていない方はこんのすけって誰?となると思いますが、ゲーム案内役のかわいい狐のことです)
 
そして、こんのすけに従い、訳の分からないまま陣を決め、戦い、重傷を負い、敗北。
 
そして重傷を負った刀の手入、また新しい刀を鍛刀。
 
鍛刀で今回は前田藤四郎が出来上がったようです。
藤四郎は粟田口派の屈指の名工、吉光のことで、前田藤四郎はその藤四郎吉光の作品のうちの一振りなのだそう。
 
のちに刀装を作成し、こんのすけの案内でゲームの流れを一通りおさらいして終了。
 
とりあえず、まだ分からなさすぎてパニックですが、世界観がちゃんとあってゲームとして楽しめて、なおかつ刀の勉強になる感じがしました。
これにて初日終了。
 

刀剣乱舞を始めてみたい方、以下のURLからプレイできます

 
PCでもスマホでもプレイできるようですね。ご興味がおありの方はぜひ始めてみてください。
刀剣乱舞(とうらぶ)公式
 
ではまた次回!