刀剣、鎧、兜、小道具のことなら東京港区の青山不動に

【刀剣、鎧、兜、小道具】青山不動

2021/03/04

『日本刀の種類~剣編』

小柄,興成,倶利伽羅

こんにちは。青山不動スタッフでございます。本日は日本刀の種類シリーズ最終回、『日本刀の種類~剣編』と題しまして、語っていきたいと思います。

剣と言うと三種の神器の一つである天叢雲剣(草薙剣)を思い浮かべられる方や、はたまた西洋の剣を思い浮かべられる方が多いのではないでしょうか。
私のイメージで剣は、日本神話のものというイメージもありつつ、実際に剣で戦っているシーンを思い浮かべるときには、西洋の人が戦っている風景が浮かびます。

刀がメインの武器だった日本で、実際にどのように剣が使われていたのか、武器の歴史とともに詳しく見ていきましょう。

剣の登場は石器時代


日本における武器の始まりは石器時代にまでさかのぼり、石製の石刀や石剣、石槍と呼ばれる石器が使われておりました。
その後、銅剣、鉄剣といった金属製、鉄製の刀剣が使用されます。
(剣は刀より随分と前に誕生したのですね)

剣の用途について


いずれも実用するまでには至らず威儀の具の使用に留まったとされています。
さらに時代は下り、平安時代以降になると剣は儀式用となり、武家の主戦武器としては使用されなかったそうです。(彎刀が出現したことと関係があるのでしょうか)

なるほど。日本において剣は武器としてよりも儀式用として扱われ、高貴なもの、神聖なものとして考えられていたようですね。

不動明王が片手に持っているのは…


ところで剣と言うと、青山不動の名前の由来ともなった不動明王も右手に剣を持って、立っていらっしゃいます。
(青山不動名前の由来につきましては、ぜひ『青山不動自虐編』をご覧ください。)

 (パブリック・ドメイン)

川端龍子 「倣赤不動」 (パブリック・ドメイン)




その剣は三鈷柄剣という名前がついていて、(倶利伽羅剣や不動の利剣とも呼ばれるそう)三鈷柄剣は刀身の彫物によく用いられたモチーフでありました。
密教具の一つである三鈷柄剣を刀身に彫ることは、単に刀身を軽くする意味だけではなく、守護を目的としたお守りのようなものであったとされています。

こういったエピソードを聞くと、武士たちがいかに自身を守る大事な存在として刀を大切にしていたかを窺い知ることができる気がしますね!

それでは、また次回!