刀剣、鎧、兜、小道具のことなら東京港区の青山不動に

【刀剣、鎧、兜、小道具】青山不動

2021/07/07

『日本刀は年代性別問わずに楽しめます!~日本刀を鑑賞してみる』

 

こんにちは!青山不動スタッフです。

今回は、前回のブログに引き続き日本刀に関心を持ち始めて間もない方に向けた情報をお届けさせていただきたく思います!

日本刀に関する書籍などを読んでいると、日本刀の実物はどんなものなのだろうと興味が湧いてくるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方にぜひ足を運んでいただきたい場所についてご紹介させていただきます。
 
 

百聞は一見に如かず、日本刀を実際に手に取って鑑賞してみたい!

日本刀を実際に持ってみると、重量感や感触を肌で感じられ、当時刀を握っていた人の気持ちを想像することができます。また、絵を描かれている方にも参考になると思います。個人的に、絵を描いているとモチーフの構造が分からずもやもやすることがあるのですが、そんなときは資料を肉眼で観ることですっきりし、絵を描くのが楽しくなったりします。

そうは言ってもどこでどうやって日本刀を鑑賞できるの?とお考えの方もいらっしゃると思いますので、いくつか鑑賞できる場所についてご紹介させていただきたいと思います!
 
 

日本刀鑑賞の基礎を学べるマナー講座

日本刀がお好きな方は足を運ばれたことがあるであろう刀剣博物館!こちらを運営されている日本美術刀剣保存協会様が、定期的にマナー講座を実施されています。
日本刀を初めて鑑賞する、という方向けに職員の方が丁寧に教えてくださる講座になっております。日本美術刀剣保存協会様のホームページからご予約いただけますので、チェックされてみてください!(講座は定員に達し次第、受付を終了されるそうです)
ちなみに刀剣博物館にて7/11(日)まで「日本刀の見方 -パートⅢ 刃文-」という展覧会が行われています。一部の作品を除き写真撮影が可能のため、帰宅後にご自宅でも作品の復習ができそうですね。
 

刀匠と観る日本刀

アソビュー様やじゃらん様といったレジャー提供サイトでは、全国の刀匠の方々が日本刀鑑賞のプランや、製作のようすを見学できるプランを提供されています。実際に日本刀を製作されている方からお話を聞けるという貴重な体験ができます。日本刀がつくられる際の、音や熱を感じてみたいですね!
 

刀もいいけど、刀装具もいい

愛知県名古屋市に位置する徳川美術館にて、企画展「あかがね/くろがね」が開催されています。こちらは作品に触れられる催しは行われていませんが、徳川家に伝わってきた刀装具を一挙に鑑賞できる機会になっております。7/11(日)まで開催されていますので、ぜひ足を運ばれてみて下さい。また、同館は刀剣乱舞とコラボレーション中。刀剣乱舞に登場するキャラクターのモチーフとなった刀も展示されています。
 

おわりに

いくつか日本刀を鑑賞できる機会をご紹介させていただきました。実際に刀を手に取ってみると、温度や感触、刀身の表情の変化を楽しめます。展示された作品を観る時には気づけなかった新発見もあるかもしれません。

夏には長期休みを取られる方もいらっしゃるかと思います。いつもより長いお休みを利用して、少し遠方まで日本刀鑑賞にお出かけされてみるのはいかがでしょうか?この記事が少しでもご参考になりましたら幸いです!
 
ここまでブログを読んでいただき、ありがとうございます!
それではまた次回、お会いいたしましょう!