刀剣、鎧、兜、小道具のことなら東京港区の青山不動に

【刀剣、鎧、兜、小道具】青山不動

2021/07/14

『日本刀は年代性別問わずに楽しめます!~初めての一振り』

 

こんにちは!青山不動スタッフです。

 

今回は、日本刀に興味を持ち始めた方向けに、最初の一振りの選び方について記事を書いてみました。

日本刀買ってみたいな…でも値段が高いし、保管する場所ないし、お店入るの怖いな…。と思われる方もいらっしゃると思います。私もそう感じてしまいます。

 

今回の記事で、日本刀を購入する際のこのようなお悩みを少しでも解消させていただければと思います。

 

前回のブログでは、日本刀を鑑賞できる機会をご紹介させていただきましたので、買う予定はないけど鑑賞はしたい!という方がいらっしゃいましたら、ぜひご覧になってみてください!

 

打刀や短刀よりも比較的値段が低い脇差

値段が高いな、と感じられる方には、打刀や短刀よりは比較的に値段が低いものが多い脇差をおすすめさせていただきます。短刀は短いので脇差よりも安そうと勝手に思っていたのですが、短刀は武士が懐刀として大切に所持していたため、入念作が多いようです。また、在銘の作品よりも、無銘の作品の方がお求めやすい価格となっていることが多いので、無銘の脇差は入手しやすいと思います。

 

大きい刀は保管が難しい…という方には脇差や短刀がおすすめ

打刀の刃長は60cm以上もありますが、脇差は60cm未満、短刀は30cm未満とされております。茎の長さは刀によって変わってきますが、全長が短めの刀の方が保管しやすいかと思います。

 

刀剣店のホームページやSNSをチェックしてみる

お店に入りづらいなという方は、刀剣店の雰囲気を見てみるのがおすすめです。お店が扱っている商品やお店の雰囲気などがホームページやSNSから読み取れるかと思います。また、直接お店の外観をチェックするのもいいと思います。

 

日本刀の所持は銃刀法違反にはなりませんのでご安心ください!

「日本刀って免許がないと銃刀法に違反してしまうのでは…」と思われる方もいらっしゃると思いますが、日本刀を購入し所有することは、合法です!なぜなら、刀剣専門店で販売している日本刀は武器としてではなく美術品として国に認められているためです。詳しいことは、以前も記事にいたしましたのでよろしければご覧になってみてください。

『日本刀の所持には資格が必要?いいえ、どなたでも所持ができます』

 

勇気を振り絞り、刀剣店にいざ出陣!

今回の記事では最初の一振りを選ぶ際の目安をご紹介させていただきました。日本刀のご購入をご検討されている方は、ひとまず刀剣店に足を踏み入れてみるのが良いと思います。店員さんに日本刀についてあれこれ質問することが出来るチャンスです!ちなみに弊店に来て頂ければ、私でよろしければ同じ初心者目線で刀や刀装具のお話をさせて頂けます。(もちろん店主からも詳しい説明をさせて頂きます)
皆さまの楽しい日本刀ライフのお手伝いをさせていただけますと幸いです!

 

ブログをここまで読んでくださり、ありがとうございました。

それではまた次回、お会いいたしましょう!